<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 井川遥さん | main | ヴィエス(二子玉川) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

キャサリンハムネットのネクタイ。

clavel愛用三大ファッションブランドのひとつKatharine Hamnett(キャサリンハムネット)のサイトを見ていると、そりゃもう大変魅力的なネクタイが見つかったので、さっそく購入を決めました(ちなみに色はブラック)。

ネクタイは、スーツスタイルに手軽に変化をつけられる便利なアイテムですが、clavelは日頃よりネクタイに関しては、ほぼキャサリンハムネットを選んでます。ここのタイの魅力は「断然に斬新だが、手持ちのシャツとも難なくしっくり合う、絶妙ななサジ加減のデザイン」。ただ新奇、奇抜だけではなく、周囲との調和をもって逆により映えるという大人の技にマイシーズン感動しております。

余談ですが、まだファッションブランドなどからきし興味のなかったガキの頃に聴いていた、我が師匠TK(小室哲哉)のソロアルバムのある曲*の歌詞に何気なくキャサリンを身に付けた女性が出てくる事に最近気づき、ちょっとうれしかったりします。

*"SHOUT" /Tetsuya Komuro(小室哲哉)
in 1st solo album"Digitalian is eating breakfast"(1989)
clavel * 衣類生活(clothes) * 01:33 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:33 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ