<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BONNIE PINK / Even So | main | 私的「ピアノ・ソングス」(1)/「恋しさと せつなさと 心強さと」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

吉原知子さん(全日本女子バレーチーム主将)。

あと2ヵ月でオリンピック。テレビなどでも、関連の話題がにぎやかですが今回の五輪の話題のひとつに「女子バレーボール2大会ぶり出場」があります。その全日本チームを率いるのが吉原知子さん。

柳本晶一全日本監督に「コートにもう1人の監督がいる」と言わしめるリーダーシップは当然としても、34歳・独身ということで「「負け犬」の星」などと見当違いの点でも最近注目されている彼女の魅力は何なのか。

ひとつは「ギャップ」。
彼女の「眼力(めぢから)」はその道の達人の誰もがそうであるように、ともすれば「怖い」と評されるくらい鋭く、美しい。しかしその眼は、相手コートに眼の覚めるようなスパイクを叩き込んだり、電光石火のブロックを決めた瞬間、破顔一笑、美しいスマイルに満ちる。この二つの異なった美しさのギャップにまいってしまいます。

もうひとつは「孤高」。
バレーボールはチームスポーツのひとつであり、チームワークなしには成り立たちませんが、その分つまらない組織主義や派閥争いなどが常に起こり得ます。彼女の立ち位置は昔から「自分の仕事をきっちりこなし、その実力をもって周囲とは一線を置き、群れない」と見えますが、これは私の様な会社組織に属する者にとっても、理想とすべきクールな姿だと思います。ちなみに、同じく全日本のチームメイトの佐々木みきも「孤高の天才アタッカー」などと最終予選の際には称されていましたが、この人はただの酒飲みです。

愛想もなく、第一印象は誤解されやすい方だとは思うけれど、これからもずっと応援するつもりです。

■所属チーム:
パイオニアレッドウイングス ホームページ
*社会人になって既に7チーム目。
■ファンサイト:
吉原知子選手応援ページ
*実は結構な苦労人なのです。
■関連ニュースサイト:
スポーツナビ>アテネ五輪・バレーボール
■参考図書
甦る全日本女子バレー―新たな闘い/吉井 妙子

clavel * 注目すべき人物(person) * 23:37 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:37 * - * -

コメント

はじめまして。先日応援サイトを拝見して、「このホームページを開設しようと思ったキッカケ」に感銘をうけました。彼女のような人を応援したい!という人は世の中にもっといるはず。今後も機会をみつけてブログでも取り上げたいと思いますし、サイトにも伺います。よろしくお願いします。
Comment by clavel @ 2004/06/15 12:40 PM
リンクして頂きましてありがとうございます。
宜しかったら当サイトにも書き込みして下さい。
お待ちしています。
Comment by 吉原選手の応援サイト管理人 @ 2004/06/14 11:20 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ