<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 言ってみれば奥渋谷 | main | さくらの季節。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

世界は二人のために。

唐突ですが、私はカップルのテンションが上がったが故の、巷での無作法な振る舞いには、割と寛容です。

歩道を場所をとって歩いていても、レストランでやかましくても、ゴミをちらかしていても、それほど気にならなりませんし、むしろ、細かいことはいいからとにかく仲良くしとけ、と思います。

なぜって

カップルが幸せになるには「我々二人なら何でもできる」っていう「全能感」が多分大切で、それがちょっとしたマナーを破るくらいで済むのだったらいくらでもどうぞと思うから。

そして、幸せなカップルが沢山いれば世界が平和になるから。

、、と、昨晩、各々がシャンパンのハーフボトルをラッパ飲みしながら渋谷の桜丘を千鳥足で歩いている楽しそうなカップルを見て(あ、自分もあーいうことしたい、、)とも思いつつ、上の様な自分のスタンスを確認した次第。
clavel * 街歩き(town)。 * 18:52 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:52 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ