<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 家ビール(一番搾り 無濾過〈生〉) | main | バブル青田について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「モルタデロとフィレモン」を観た。

制作されたスペインで40年以上愛され続けている国民的人気コミックの映画化、だそうです。「だめだめスパイコンビに緊急指令!世界のやる気を取りもどせ!」というキャッチフレーズからして、明らかに「オースティンパワーズ」的バカですが、それは、そもそも「下らないバカ映画」として作ったんだから仕方がありません。

感想としては、なーんにも考えず、ラテンの国の濃い目のドタバタ笑いに浸れて満足でしたが、周りの皆さまは余りウケてなかったし、それほど他人にはおススメ出来ません。

というのも、テイスト的には公式サイトで小林賢太郎(ラーメンズ)も書いているように「ときにグロい」どころではなくて、「基本キモい」というのが正直なところですので。。周りは引いてたんでしょう、きっと。

それにしても、欧米はいわゆる「異形」の人を平気でギャグにしてしまいますが、果たしてそれは面白いのか、、という点はいつもはなはだ疑問です。同様に「風刺画」というデフォルメとキツい皮肉で成り立っている一種のギャグでも同じようなことを感じます。

この映画にも多数出てきますが

・一見変な感じで、やっぱり変なキャラ
・その変なところのみで一点押し

という種の笑いは、やっぱり観ていて辛いです。

笑いの一つの要素である「意外性」に欠けますし、笑いのシチュエーションとしても「コメディアンが笑わせている」と「コメディアンが笑われている」のうちの後者に当てはまるのは、どう言いつくろっても、ある種のいじめのようでスッキリしません。っていうかそもそも映像的に「出オチ」だし。

というわけで「今ひとつ感」の残る作品でした。

■公式サイト
■作品概要(goo 映画)
■点数:★★★(5点満点)
@シアターN渋谷(4/15)
clavel * 映画生活(cinema)。 * 06:28 * comments(0) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 06:28 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

モルタデロとフィレモン

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  こいつらの体当たりギャグはかなりイタイ  
From カリスマ映画論 @ 2006/05/11 9:01 PM

ラーメンズ_プロフィール情報【お笑い芸人ラーメンズ情報局】

ラーメンズ ラーメンズ(らーめんず・RAHMENS)のプロフィールです。 ラーメンズ:小林 本名 小林賢太郎(こばやし けんたろう) 生年月日 1973年4月17日 出身地 神奈川県 性別 男 身長 182cm 体重 70kg 学歴 多摩美術大学卒業 副業 漫画
From お笑い芸人情報局 @ 2006/06/19 11:29 AM
このページの先頭へ