<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 肉2(幻霜ポーク)、 | main | 「いいとこ取り」とは(金原千恵子「STRINGS OF LIFE」) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

青空と濃い緑(東北行き1)

先日、海の幸(とビール)を目指して(だけでもないですが)
東北は気仙沼、石巻(宮城県)をはしごしてきました。

早朝に新幹線で東京を発ち、とりあえず一ノ関駅下車(ここから在来線に乗り換えて気仙沼へ)。

しかし、丁度東北の木々たちが芽吹く頃と重なったこともあるのですが、東北の緑は何ともいえず濃く、美しい。そして、懐が広く、スケールがでかい。

例えば、一ノ関でもちょっと駅からあるくとこんな牧歌的な風景があるわけですよ。
青空をちょっと寂しく、そして強くみせる送電線。

長澤まさみの一人も自転車こいで通り過ぎそうな川岸の土手の緑。

古いマンションの給水タンクだけが見ている青空。

こういう風景と、大きな街が融合できないものかな、としみじみ思います。もっと傍に、自転車で20分くらいで行ける場所にほしいものです。
clavel * 街歩き(town)。 * 00:01 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:01 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2006/07/03 8:59 PM
このページの先頭へ