<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地元の名所(滋賀県大津市「美富士食堂」) | main | 卓上オアシス(ポカリスエット イオンウォーター) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

温ハウス!(Rasmus Faber「So Far」)

今月は余り新しいCDを聴けてないのですが、また良いのが見つかりました。

Rasmus Faber「So Far」がそれ。先日TSUTAYA渋谷店の試聴で聴いて気に入って興味を持ったばかりなので、どういう人かと、調べると

>テイ・トウワ氏、FPM田中氏、フリーテンポ半沢氏、
>スタジオ・アパートメント森田氏らも大絶賛!
>最近ではジャズトロニックの楽曲をも手掛けるなど、
>多方面から引っ張りだこの存在となっている
>スウェーデン生まれのプロデューサー、ラスマス・フェーバー。

@TOWER.JPより引用。インタビューもBounce.comにあります

、、そりゃ間違いなく私は気に入るでしょうねえ、その筋なんだし(笑)。多分、さらっとくらいは聴いてるはずなのにスルーしてた自分がやだ。あ、最近イチオシの金原千恵子さんのアルバム「STRINGS OF LIFE」の1曲「STAY WITH ME」(#6)のプロデュースも彼ですね。

このアルバムを聴いたときに私が思ったのは

「これは、Dries Van Notenの服を良いと思うのと同じ理由で好きだ!」

ということ。つまり

1:そもそも上質であること
2:上質な中に、良い意味でごちゃごちゃした技やギミックが一杯なこと。
3:温かみのあるテイストであること

ということです。

ベーシックかつキレの良いハウスのループに、キラキラしたメロディー、上手いコーラスや生のブラスやストリングスやピアノの縦横無尽な使いっぷりなど全体として色として暖色というか、温度の高い感じがします。

決して若さにまかせたアッパーさということではなく(本人はまだ若いのですが、元ジャズピアニストというのがそう感じさせるのか。。)いい意味で落ち着いてます。

あー、いいアルバム。

名づけるなら、この状態を栄養のある野菜がおいしい状態で
たっぷり入っている「温野菜」に例えて「温ハウス」とでも言いましょうか。

#1/2/★3/6/★8/★13 あたりが気にいりましたが、(★が特に)他もぜんぜん悪くない!

TSUTAYA渋谷店のディスプレイ。北欧系のなかなかカッコいい男子ですね。別所にあるFAT BOY SLIMのディスプレイと対照的(笑)。

■Dries Van Noten
clavel * 音楽生活(music)。 * 23:05 * comments(0) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:05 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

smus So Far/Rasmus Faber

ラスマス・フェイバー ブルーアイドソウルでいて、悩ましいハウサー ソー・ファーラ...
From Music Addict @ 2006/07/02 1:39 PM

TheRain

RASMUSFABER&SOULSOURCEPRODUCTION,WReleaseParty@代官山UNIT。こういうの久しぶりに参加した気がします。とりあえずRASMUSFABERだけでもすごい人気なのにゲストDJでFreeTEMPOなんて呼んだりするもんだから酸欠サウナ状態でした。激しすぎ。とにかくギュウギュウで2人
From ayaxgogo @ 2006/07/22 9:57 PM
このページの先頭へ