<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フルコース。 | main | ドリに感謝する(10代と音楽) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

筋金入りエンジェル(籐子(tohko)ライヴ@南青山MANDALA)

最近自分内でちょっとしたブームの籐子(tohko)のライブに南青山MANDALAに行ってきました。ここにくるのは昨年の今頃にナチュラル・ハイを観に来て以来。

いわゆる「小室ファミリー」としてデビューした彼女ですが、大ヒットはしなかったものの、私はKiss Distinationと並んで先生の地味だけどとても良いプロデュースワークの一つだと思っています。

というわけで、生トーコを初めて見たのですが、ボーカルの素晴らしさに感動しきりでした。

彼女には「エンジェルボイス」的な形容詞が、いつもついて回る気がしますが(確かにルックスも可愛らしいし。。)、ただのエンジェルではなくって、中音域の芯の強さや、鼻にかかるボコーダーっぽい(cupsuleっぽいというか)良い意味で機械的な感じなど、様々な要素の合わさった魅力を実感しました。そういう意味で彼女のことはこっそり「筋金入りエンジェル」と呼んでおきます。

ライヴ自体も、ギター・パーカッション・キーボード/ピアノのシンプルな構成で彼女のヴォーカルがとても活かされてました。ボサノバアレンジの「It's all about us」など、本人のMCで言っていたように全体に夏の涼しさを感じさせるテイストでした。

今はインディーズでの活動ですが、楽しそうに歌う彼女は素敵でした。ましてや、ライブハウスでギネスを傾けながら見られるなんて。。

また行こう。。次はクリスマスとかかな。

*客がちゃんと入っていて「見た目に気を使わない系」の人が意外に少なく(いたけど)女性ファンが意外に多めだったので、いろいろ安心しました。

■オフィシャルサイト

<曲目>*記憶で書いてるので違うとこもあるかも。。
■第1部
M-1 ふわふわ ふるる
M-2 tohhikoh
M-3 It's all about us
M-4 REMINDER
M-5 彼と彼女のソネット(大貫妙子のカバー、というか個人的には最近坂本美雨のカバーでよく聴きますが)
M-6 夜来香(Ye Lai Xieng)(山口淑子(李香蘭) のカバー)
M-7 and now the party's over
M-8 WHO...
■第2部
M-9  Distance
M-10 YESTERDAY'S DREAM
M-11 Angel Tears
M-12 take a breath
M-13 LOOPな気持ち
M-14 BAD LUCK ON LOVE
■アンコール
M-15 ANGEL
M-16 TRUE DAYS

■他の方の記事(1) 
確かにちょっと苦しそうな部分はありましたが、ダイエットでしたか。あと、よくある話ですが「哲哉」でお願いします。
■他の方の記事(2) 分かるな〜。みんなホントにウットリしてたもんな。。
clavel * 音楽生活(music)。 * 23:50 * comments(3) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:50 * - * -

コメント

こんばんは。

>ライブは、文字通りその場の「生」を伝える、一度きりのもの
本当そうですよね。。以後教訓にさせていただきます。


そしてそして、お仕事いつもお疲れ様です。。


彼と彼女のソネット、そんな長い歴史があったのですね。本当に最近の曲だとばかり思っていたので、前から聴かれていた曲だとわかって、なんだかうれしいです。
とくに大貫妙子さんバージョンが聴いてみたいです。大貫妙子さん自体あまりじっくりと聴いたことがないので、これを機に♪、と思います。
ありがとうございます☆
Comment by かおり @ 2006/07/20 1:28 AM
かおりさん

こんばんは。

ね、いいでしょ〜。

ライブは、文字通りその場の「生」を伝える、一度きりのものですから、後悔のない音楽人生を送るため、万難を排して行かれる事をおススメします。

と言っても私も平日のライヴは仕事の都合で行けない事も多くて、今年は菊池成孔、A Hundred Birdsを既に飛ばしました(残念)。

あと「彼と彼女のソネット」は正確に言うと、エルザってフランス人の原曲に大貫さんが日本語詞をつけたのを原田知世さんに提供して、自分でも歌ってる、ってとこですね。エルザバージョンは、昔、エドウィンの[Something]のCM(ASAYANの枠で流れてた)で流れていました。

ELSA
大貫妙子
原田知世
坂本美雨
籐子

何の違和感もない、いい路線ですね。

というわけで、残りの試験頑張ってくださいませ☆。
Comment by clavel @ 2006/07/17 6:36 PM
こんばんはー。clavelさーん、いいなー!!!
エンジェル(筋金入り)tohkoボイスを聴いたのですね。うらやましいー!

>彼女には「エンジェルボイス」的な形容詞が、いつもついて回る気がしますが(確かにルックスも可愛らしいし。。)、ただのエンジェルではなくって、中音域の芯の強さや、鼻にかかるボコーダーっぽい(cupsuleっぽいというか)良い意味で機械的な感じなど、様々な要素の合わさった魅力

このあたり本当に同感です。
これを実感されたなんて、はぁ〜、うらやましい!

あと、「彼と彼女のソネット」って、大貫妙子さんの曲だったのですね。。私はてっきり坂本美雨さんの曲かと。。
これも毎晩聴いている大好きな曲ですし、、さぞかしステキだったことでしょう。

まだまだ重いテストを抱えているので、今回は断念したのですが、本当、テストなんか放り投げて、行けばよかったです(笑)。
Comment by かおり @ 2006/07/17 1:17 AM
コメントする









トラックバック

tohko

今俺AmazonでTohkoのBAD LUCK ON LOVEって曲欲しくてCD注文してんだけど在庫ないみたいで1ヶ月以上待たせれてる俺は基本的に音楽はCDからパソコンでMP3にして聞いてはいるんだけど、音楽はCDのジャケットも含めてひとつの芸術だと思ってるからイイ!と思った曲はちゃん
From pixie酒田市民#0619のブログ @ 2007/03/19 9:07 PM
このページの先頭へ