<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつものこと(16) | main | 渋谷川のほとりで昼ビール。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

好きな声(柿原朱美さん)

iTMSをうろうろしていると、なかなかいい声の女性ボーカルのハウストラックを発見→購入(この素早さがiTMSの魅力☆)

「say that you love me Francois K.- Eric K.Remix / Danny Krivit Edit(BONUS TRACK)
収録アルバム ak trilogy / AK

リミックスのメンツも良いのですが、何よりも声がいい。
爽やかではかなげ、けれどもセクシー。

どこかで聴いたような、、と思ったらAKって、柿原朱美さんの事なのね、とやっと気づきました。

しばらく見ない間に、NYに行ってクラブシーンに根付いたアーティストになっている模様。正直「今井美樹もどき」に見えてしまってた、以前よりずっとカッコよく、しかも自分の好きな音楽の側に来てくれた感じでうれしいです。

ブログやウェブラジオもやっているようだし、いろいろ久しぶりに触れてみようと思います。

■柿原朱美さんのブログ

さて、秋になると聴きたくなる素敵な声の女性ボーカルといえばこの3人。

・吉岡忍
・畠山美由紀
・asami(TRUE KiSS DESTiNATiON)

どなたも
・ややこもった、ハスキーぎりぎりのザラッとした感じ。
・色で言うと様々だが、どれもちょっと黒が入ったテイスト。
・でも、とても温かみと落ち着きが感じられる。

という側面を持った甲乙つけがたい素晴らしさ。

ルーツとしては、最初の2人の事を調べるとすぐに出てくる
キャロル・キングなんでしょう。

なんだか、フツーにすごい!とか、かわいい!とか、うまい!とかいう「一点押し」では満足できないとか、あるいは、明るくも快活でもはないがそれなりに考えはあり表現したがり、とか自分の性格を現した好みでほほえましいです。

(無理やり)一曲決めで、良い曲をピックアップしてみました。

・吉岡忍 /落日(Ice Boxボーカル時代の曲)
・畠山美由紀/ Diving into your mind
・asami / Everybody's Jealous

…やっぱり決められなかったので、もう1曲づつ(笑)。

・吉岡忍 / Crescendo
・畠山美由紀 / 耐え難くも甘い季節(冨田ラボでの曲)
・asami / be with you

あ〜旬を感じられるネタが、飲食や自然以外にもあって、幸せです。
clavel * 音楽生活(music)。 * 17:13 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:13 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ